Personal trainer

トレーナー紹介

パーソナル・トレーナー

AYAKO

​経歴

女性パーソナルトレーナー2

2009年3月 NCAAトーナメント出場(日本人として歴代2人目)

2009年5月 Evansville 大学卒業

2009年8月-2010年3月Memphis Men‘s Basketball Teamのアシスタント・ストレングス&コンディショニング・コーチ就任

2010年5月 Bikini Shows in Miami  

2010年7月 Bikini Shows in Memphis 3位入賞

2013年6月 Bikini Shows in Hawaii 1位入賞

Bikini Shows 6.jpg

Bikini Shows in Memphis 2010

Bikini Shows 4  3位入賞.jpg
米国の大学卒業

静岡県浜松市出身。10歳から地域のバスケットボールチームに入り、足も速くない、運動能力も身長も至って普通。中学や高校で、どうしたら周りの選手よりも良くなれるのか?と常々考えていたことが、カラダと健康に目覚めたのが始まり。高校卒業後、渡米。インディアナ州のエバンスビル大学のスポーツ科学学科を卒業。その過程で、学生、大学のバスケットボール選手の一員、又、アシスタントストレングス&コンディショニングコーチとして、様々なスポーツチームの身体作りに深く携わる中で、アスリートとしても多種多様のフィジカルトレーニングを経験。大学卒業後、テネシー州のメンフィス州立大学にてアメリカンフットボールのトレーニングコーチとしてサマーキャンプに参加。その後、ペニー・ハーダウェイ、デリック・ローズなど数多くのNBA選手を輩出しているメンフィス州立大学の男子バスケット部アシスタント・ストレングス&コンディショニングコーチとして1年間就任。ペアストレッチの技術と経験、トレーニング構成法、ボディメイク法、サプリメントの知識と自らの体験、食事療法などを習得。帰国後、東京のTOTAL Workout(トータル・ワークアウト)六本木ヒルズ店でパーソナルトレーナーとして10年6ヶ月勤務。子どもから80代までの老若男女、モデルや俳優、歌手を含め合計約2万2500本のパーソナルトレーニングを担当。お客様に寄り添い目的を導き出すヒアリング力、指導力、技術力、営業力、リフォーマーとピラティスの資格、柔軟性、体幹力、持久力、瞬発力向上における様々なトレーニング法、お客様に合わせた食事療法の提案力、姿勢分析法、筋膜リリース法などを学び、トレーナーとしての幅を広げた。2021年5月、故郷の浜松で”STUDIO AYAKO” を設立。 

エバンスビル大学女子バスケ部

エバンスビル大学バスケットボール部時代

​(最前列左から2番目)

​私の恩師達

いつも気付けば、身体の状態は今どうなってる?とか、人を見ては、どこが原因で姿勢が崩れ、何を気をつけたら、より健康になるのだろう?と考えている”カラダなぜなぜオタク”です。とにかくカラダと健康にとても興味があり、周りの人が笑顔でいてくれる事が嬉しい。これまで数多くの師匠に私のカラダを良くしてもらい、その度に笑顔と元気をいただいてきました。その中でも、私の人生に大きな影響を与えた3人。

 

1人は、メンフィス州立大学の男子バスケットボール部のボスであるドウェイン・ジョンソンのようなゴリゴリのマッチョなヘッドトレーニングコーチとの出会いと、彼の言葉“Some people may not accept you as a training coach unless you build up your own body.(自分の体を自ら鍛え、自らの体を作り上げることができない限り、他人をトレーニングする事はできない。)”この一言で、本気でトレーニングの全てとカラダを作ることを極めるというスイッチが入った。このコーチの過酷なトレーニングと彼の組んだ食事制限プログラムをやり切った時、心身が強く前向きになり、こんな普通の日本人である私でも見た目がフィットネスモデルのようにもなれることがわかると、いつの間にかボディメイクの楽しさにどっぷりはまり、マイアミ、メンフィス、ハワイで開催されたビキニを着て、ポーズを取りながら鍛え作られたボディラインのお披露目をするフィットネスモデルの大会でビキニ部門に出場し、ハワイでは1位に表彰されるくらい極めた自分がいた。

そして、トータル・ワークアウトの社長であり、人一倍元気で、どんな時も前向きで笑顔がとっても素敵なパーソナル・トレーナー池澤智さん。2010年の入社前の最終面接では、鋭い瞳とキリッとした表情で、私の目の奥を見つめ、3回同じ質問を繰り返した。「貴方が思っている以上にここでのパーソナル・トレーナーは大変な職業よ。本当にしんどくて辞めたくなったらどうするの?」私はただただ身体が変わるトレーニングが大好きで、ここのトータル・ワークアウトの考え方や理論に一目惚れをし、どうしても入社させてもらいたかった。だから、私は「どうしてもやりたいことなので、先輩に聞くなど、どんなに辛くても、何とかしてでも解決法を見つけ出します。」と答えた。入社後は、アメリカにいた時の大変な時間を全て忘れるほど、想像以上に大変な事の連続だった。入社6年目、一番の苦悩に直面した時、私の目標である池澤さんから私を進化させる言葉をもらった。「人一倍頑張り屋さんのあやこ。でも、相談したり、考え方を見つめたり、、正しい事に、その頑張れる力を使ってくださいね。」この言葉により、私の中で何かが変わった。そして、それまで以上に、池澤さんからパーソナル・トレーナーとして、人として多くのことを学び、吸収し、今の私、元気で明るく常に笑顔なパーソナル・トレーナーAYAKOが確立された。


最後は、今では大親友でもあり、ピラティスのメンターでもあるロサンゼルス在住のヘザー・レオン先生。ヘザー先生は、創始者ジョセフ・ピラティス氏の直属の弟子であったロマーナ・クリザノウスカの認定コースを受講し、ロマーナより直接認定された後、現在までに約25年の元祖クラシカルピラティスの指導をし、クライアントの中にはハリウッド界のスターもいるほど、ピラティス界では有名な指導者のひとり。ヘザー先生からクラシカルピラティスを学んだことは、私にずっとかけていたもの、『体と心の軸』という最後のピースを得た。STUDIO AYAKOのすべてに通ずる真髄となるもの。これからもカラダと健康を極め、一人でも多くの方々に心からの笑顔と健康を創造していきたい。そんな私は生涯パーソナル・トレーナーとして生きていきます。

121.jpg
IMG_6171.JPG

ヘザー・レオン先生とロス・アンジェルスにて

メンフィス州立大学男子バスケット部アシスタント・ストレングス&コンディショニングコーチ時代

バスケチーム写真3.jpg

はじめての方に

トライアル・パーソナルトレーニング受付中!

50分か75分のパーソナルトレーニングを割引料金でご体験ください。